Home → 過去の求人情報 → 学校では教わらない生きる力を育む「冒険遊び場」で、プレーリーダーになりませんか?

常勤職員学校では教わらない生きる力を育む「冒険遊び場」で、プレーリーダーになりませんか?

  • 募集団体 特定非営利活動法人あそびっこネットワーク
    募集職種 事業推進 | プレーリーダー
    現場スタッフ、現場マネージャー
    雇用形態 正規職員
    応募締切 2018年01月31日(水)
    ※適任者が見つかり次第、募集終了。お早めにご応募ください。
    勤務地 東京都

    update: 18-01-10

「冒険遊び場」と呼ばれる地域のあそび場で働く専門職が「プレーリーダー」です。職場となる『練馬区立こどもの森』(通称 こどもの森)は、閑静な住宅街の中にある屋敷森と畑を、3年前、練馬区が「冒険遊び場」とし開設した区立公園です。来年度は、さらに地域とつながり活動を充実していく年。こどもの森を共に創る!仲間を募集します。

 

募集内容詳細

主たる募集分野 子どもの健全育成
従たる募集分野 社会教育 | まちづくり | 子どもの健全育成
募集職種 事業推進 | プレーリーダー
現場スタッフ、現場マネージャー
雇用形態 正規職員
募集人数 1 名
雇用期間 初年度は1年契約で、2年目の更新時に正規職員に転換できる方を希望します。
勤務時間・頻度 シフト制により週40時間勤務
基本実働8時間/1日 8:45〜17:45
業務内容 ================
プレーリーダーの仕事
================
基本スタンスは、大人が子どもを指導・管理する上下関係ではなく、人対人として対等でありながら、その子に必要なサポートをする「斜めの関係」でいることです。
プレーリーダーは、日本ではまだ馴染みのない専門職なので、以下、プレーリーダーの日々の業務イメージをご紹介します。

*******
『練馬区立こどもの森』には、平日の放課後は近隣の小学校や学童保育に通う子どもたちが遊びにきます。休日は、少し遠方の小学生が自転車でやってきます。また、評判を聞いた乳幼児親子が、電車や車で遊びに来ます。天気の良い休日は1日平均200人を超える来場数になります。
プレーリーダーは、遊び方の指導はしません。提供する体験プログラムもありません。子どもたちが自分で「やりたい!」ことを見つけて、考えて、探求や試行錯誤するために必要なサポートをします。子どもたちだけで夢中になって遊んでいれば、余計な手出しはせず見守ります。遊び慣れていない子がいたら、一緒に泥だらけになります。
クギさしのような昔遊びやナイフを使った工作、ぴかぴかの泥だんごづくりなど、今どきの子どもたち(大人もですが)が知らない、でもやってみると面白い遊びができるよう、道具をそろえたり、プレーリーダー自らが楽しむ姿を見せたりもします。土を触ったり虫を追いかけたりといったありふれた遊びでも、生まれてはじめてという子たちがたくさんいるのです。
また、乱暴な言動をしてしまう子などには、一人ひとりの行動の裏にある困りごとや願いを推し量って関わっていきます。必要に応じて、学校や地域施設と連携して対応することもあります。
そして、保護者や地域の方と積極的にコミュニケーションすることが、子どもが「遊ぶ」ことの大切さを伝えたり、地域の人と人の温かくゆるやかなつながりを促します。
プレーリーダーは、放課後や休日に、子どもが遊ぶ! 環境づくりを通して、子どもがのびのびと育つことを可能にする「まち」づくりをしています。

■具体的な業務■
・魅力的な遊び環境をつくる
・子どもが遊ぶために必要なサポートをする
・イベント実施(企画、準備、実施、書類作成)
・保育園、幼稚園、学童保育の遠足受け入れ
・安全管理、緊急時対応
・保護者対応、近隣住民対応
・広報媒体への記事執筆(ブログ、FB記事、定期発行通信)
・学校やその他地域施設との連携 など

===================
『練馬区立こどもの森』について
===================
『練馬区立こどもの森』http://nerima-kodomonomori.com/です。こどもの森は、住宅街にある屋敷森と畑を冒険遊び場にするという練馬区の長期事業計画の元、平成27年、計画地1,3haの一部3000㎡をオープンしました。
冒険遊び場の運営をするNPO法人(あそびっこネットワーク)、まちづくりをする企業(UDS株式会社 http://www.uds-net.co.jp/ )、植栽管理や施設管理をする企業(現在は日建管財株式会社 http://www.nikken-k.jp/と株式会社JTM)がJV(共同事業体)『プレイタンク』として、練馬区と連携して運営をしています。
このような運営体制の公園は日本初なので、全国の自治体からの視察やマスコミに取り上げられることも多い、パイオニア的な存在です。
勤務地 『練馬区立こどもの森』
東京都羽沢2丁目32番7号
<最寄り駅からのアクセス>
有楽町線 氷川台駅(2番出口)より徒歩約10分
地図

待遇

給与 大卒初任給 :月収19万以上
マネージャー:月収30万以上

※ 給与額は、年齢・経験を考慮して決定します。
※ 最年少マネージャーは26歳
※ 残業平均実績20時間程度。残業代は上記月収に追加支給
賞与・昇給 原則、業績成果により毎年昇給
諸手当 通勤手当 | 家族手当 | 住宅手当 | 役職手当 | 屋外勤務手当
社会保険 健康保険 | 厚生年金保険 | 雇用保険 | 労災保険
休日 シフト制で週2日休
休暇 夏期休暇のかわりに特別休暇 | 年次有給休暇 | 年末年始休暇
研修制度 ◎プレイワークの内部研修あり
◎発達課題、保護者対応に関する内部研修あり
◎外部研修会への参加推奨(スタッフ間でのシフト調整可)

▶︎プレイワーク研修について
プレーリーダーになる人が必ず受講する、子どもの遊びに関わる大人の専門技術です。仕事を始める前には「基礎研修」を、仕事を始めてからはOJTと毎月の「集合研修」を受けながらスキルアップができます。
プレイワークの基本スタンスは、大人が子どもを指導・管理する上下関係ではなく、人対人として対等でありながら、その子に必要なサポートをする「斜めの関係」になることです。「斜めの関係」は、子どもの主体性が尊重される「あそぶ」場に居る大人には、必要不可欠なもので、子どもたちが遊びながら、自ら生きる力を育んでいくことを支えます。
その他・備考 本法人は、冒険遊び場、学童保育、子育て支援施設など、複数の施設運営をしているので、他施設のプレーリーダーとの交流が日常的にあります。
プレーリーダーは20〜30代の若手が中心。現在、新卒1人、他は教師、保育士、学童、冒険遊び場など子どもに関わる職種からの転職です。お互いに刺激し合いみんなで向上しています。
法人が第二の創業期として挑戦している最中なので、一人ひとりの成長が新たな事業をつくります。つまり、一人ひとりが代わりのいない大切な存在です。
今後2・3年は施設数を増やす予定なので、働く人の数も増えるでしょうが、アットホームな雰囲気はいつでも大切にします。開拓者スピリットには、信頼できる仲間の存在が必要不可欠だからです。
この仕事を通して得られること 【元高校教師 1年目/プレーリーダー32歳】
高校生の進路指導で、自分が何をしたいか? 何が好きか? という価値観のモノサシがない人が多いと感じていました。それはつまり、アイデンティティの確立ができていないということ、また、自分は自分でいいという自己肯定感も低いということ。高校生がこんな状況なのは何故だろうと考えると、子どもの時、自分の好きなことをした体験が少ないのではないかと思いました。小学生の頃から毎日いろいろな習い事や塾で予定が埋まり、学校だけでなく放課後や休日も、大人が決めたプログラムをこなす子ども時代が当たり前になってきています。この人たちが子どもの頃、これが好き、すごく楽しい、やっていると心地いい! ということを体験できていたら、自分のモノサシがある高校生になったのかな…という、やるせない思いが…教師からプレーリーダーに転職した理由です。

始めは、学校教育の中で転職も考えましたが、校則や規則、教育要領に縛られずに子どもと関わることができる、放課後や休日の時間を仕事にすることを選びました。

日々の業務の中で一番やり甲斐を感じるのは、子どもがひらめく瞬間に立ち会えること。私は子どもたちのこういう姿を見たかったんだ、と、転職して感じます。高校生にもなると、選択がネガティブというか、消去法になるんです。でも子どもは、「あ、これ!」と、感覚で選ぶ。そして「見てみて!」と、自分の好きなことや楽しいことを、他の誰かと共有したがる、超ポジティブ。子どもだって悩んだり上手くいかないことはあります。でも、自由に遊んでいる時は、基本好きなことをやっているから、悩みも、さあどうしよう?とポジティブな創意工夫になる。だから、子どもたちが遊び終わって帰る頃には、今日はあんなことしたこんなことしたと、満足感に溢れているんだと思います。

こんな子どもたちの遊ぶ現場の雰囲気とか環境を、私がつくっている。これは、大きなやりがいです。子どもたちと一緒に、この瞬間を一つひとつ刻んでいきたい、積み重ねたい。それが、私の好きなこと、やりたいことです。

【元塾講師・企業勤務/ 3年目/プレーリーダー26歳】
大学生の頃に塾講師を4年、貧困家庭支援をするNPOで中学生の学習支援を1年間経験する中で、家庭の力が、学力だけでなく子どもの意欲にも影響することを知りました。つまり、いくら勉強できる環境を支援しても、本人の心が重いままでは勉強に意識が向かない。
学習支援で出会った中学生は、自己肯定感が低い子が多かったです。だから、テストの点数が良くなっても、どうせ自分の夢は実現しないからと夢を持とうとしない。大学生の時に感じたのは、「勉強」を通した関わりでできることの限界、だったのかもしれません。

新卒では、家庭の子育てを支える保育士を養成する専門学校を就職先に選びました。専門学校で働いていた1年間は、様々な保育園の園長先生とお仕事させて頂きました。先生方が口々に言うのが、「遊ぶのが大事」ということ。そういえば、自分もよく遊んでいた。勉強で得たことよりも遊びで学んだことのほうが、多いかもしれないと気づきました。

生まれ育つ家庭がどんな状況だとしても、その子が自分の人生の可能性を信じて、将来に夢をもって欲しい。その夢を実現するために、意欲的に取り組むようになって欲しい。中学生になる前に、自分を好きになる、自分を信じる「自己肯定感」を、野太くして欲しい。そのために必要なのは…遊ぶことか?!と、たどり着き、子どもと遊びを通して関わるプレーリーダーになりました。

プレーリーダーになって強く感じるのは、自分が、子どもたちの本音にとても近いところに居るということです。「冒険遊び場」は、誰でも無料で遊べる公共の公園ですから、貧困だけでなく、様々な家庭の問題を抱えた子どもたちも集まってきます。そして、子どもが抱える心の重い部分を、遊びながら吐きだしたり、消化したりしていく…。だからこそ、プレ^リーダーがその子の人生を変えるほどの存在になることもある。
プレイワークを、もっと極めたいです。世の中に喧嘩を売るように(笑)トゲトゲしている子が、つい楽しく遊んじゃう! 気持ちがほぐれる、仲間と肩組む…。そんな遊び環境を、つくれるようになりたい! と日々精進です。

また、僕はこどもの森の立ち上げメンバーとして関わってきたこともあり、今は、現場から行政へ提出する書類関係の作成もしています。大学では行政が教育政策へのどのように税金を使うかを調べていたので、子どもに関わる現場事業で、どのように成果を見える化するかという課題にも、興味深く取り組んでいます。こどもの森のような新しいカタチの公園が、多くの「まち」に広がっていくための礎をつくる…それが僕なりの、社会を変える方法なのかな?とも感じています。

応募要件

必要な経験 自分自身が、小学生の頃にたくさん外で遊んだ経験
必要な知識・スキル ・要普通自動車免許
・Word/Excellレベルのパソコン事務ができる方
・保育士、教員、放課後児童支援員、心理士等資格保持者歓迎

その他の応募条件 ・心身の健康
・団体ミッション・ビジョンへの共感
・人の気持ちを察するコミュニケーション力
・同時多発的に発生する現場への対応力
求める人物像 ・子ども一人ひとりの個性や状況を尊重できる方
・教育や保育という枠なく、子どもと関わる仕事がしたい方
・現在子ども関係の仕事をしているけれど、より丁寧により深く子どもと関わりたいと思っている方
・保護者や地域の人とつながることも楽しめる方

応募方法

募集期間 2017年12月23日(土) ~ 2018年01月31日(水)
※適任者が見つかり次第、募集終了。お早めにご応募ください。
応募方法 まずは、メールでエントリーをしてください。
エントリー方法は以下です。

メールの送り先 asobikkonet@gmail.com
件名は、「こどもの森プレーリーダー応募」と記載してください。
本文に、以下の項目をお送りください。
①お名前 ②生年月日 ③性別 ④所属 ⑤職種 ⑥電話番号 ⑦住所 ⑧メールアドレス ⑨応募にあたっての質問 各400文字程度「1)応募理由についてお聞かせください。」「2)あなたは、あそび心がありますか?」

《説明会》
説明会への参加を希望される方は
担当中川の携帯までご連絡ください。090-9200-6067

※説明会に参加できず質問がある方へ
電話でお答えします。お気軽にご連絡ください。

※選考・面接は、説明会の日程に関係なく進めています。
 採用が決まり次第終了しますので、お早めにご連絡ください。
選考プロセス 1) メールにて、エントリーをしてください。
2)《1次選考》書類選考 : 応募書類内容は別途ご連絡します。
3)《2次選考》現場面接 : 2回実施しますので、
一緒に働くプレーリーダーとゆっくり話ができます。
4)《3次選考》最終面接 : マネージャーや理事と面談をします。
募集詳細URL 団体の募集詳細ページへ

問い合わせ・応募先

募集団体 特定非営利活動法人あそびっこネットワーク
担当者名 中川奈緒美
住所 〒179-0071
東京都練馬区旭町1丁目16-1
E-mail
Tel 03-3976-3113
Fax 03-3976-3113
団体Webサイト http://asobikkonet.com/

担当者から一言!

ちょっと興味がある・・・くらいの気持ちでもOKです!まずは、現場を見にきませんか?まずは、あなたと出会うこと、そこから始めたいと思います。ご連絡お待ちしています。