ホーム → ライブラリー → NPO・NGOのお仕事Q&A → キャリアプラン

キャリアプラン

企業や行政から転職してきた人はどのくらいいるの?

調査からは、企業や行政から転職してきた人は、7割弱と多く、新卒で就職したのは2割となっています。転職してきた中でも、企業からの転職が最も多く、次に、NPO以外の公益を目的とした法人、NPO法人と続いています。

 

辞める人は多い? その理由は?

調査から、最も多い退職理由は、「家庭の都合で転職する必要があった」という人でした。「他にやりたいこと、仕事があった」や「契約期間が満了した」からという回答も多くありました。

 

どういったキャリアステップを得る人が多いの?

調査から、7割の人が企業や行政から転職してきています。また、今後の働き方について、6割の人が、現在の職場で働きたいと考えていますが、2割の人が、他の組織で働きちと考えています。現在の職場で働く中で、現在業務の専門性を高めたい人が4割、組織の運営・経営をする立場になりたい人が1割となっていますが、わからないと答えた人も4割と高い割合です。2005年から初めて採用した団体が多いことからも、まだ明確なキャリアステップが描かれてはおらず、まさに今働いているNPO・NGOスタッフが今後のキャリアについて考え、つくりあげようとしていると言えます。

 

仕事の掛け持ちをしている人はいますか?

調査では、約1割の人が掛け持ちをして働いています。それは、複数の収入を得るためであったり、複数の取り組みに関わるためであったり、個々の生活や関心に応じて仕事のスタイルを選択していると考えられます。

 

結婚や子育てをしながら続けていけるの?

調査では、結婚している人が約3割、子どもがいる人が約2割いて、結婚や子育てをしながらでも仕事を続けていけるといえます。ただ、家庭を持っている人の内、約9割弱が配偶者も働いており、共働きのケースが多いといえます。

« 就職活動