ホーム → コラム&インタビュー → キャリアストーリー → 転職してNPOへ → 学生時代の気づきや企業での経験を活かし、若者の成長をサポート

学生時代の気づきや企業での経験を活かし、若者の成長をサポート

  • 竹久輝顕さん

    竹久輝顕さん(NPOスタッフ7年目:取材当時)

    財団法人京都市ユースサービス協会
    京都市南青少年活動センター

    たけひさ・てるあき/高校時代、阪神・淡路大震災をきっかけに、社会に関わる何かがしたいという思いを抱く。大学に入り、ボランティアやインターンの経験を通じて、人の成長に関わる仕事をしようと決意。教育系の企業での1年間の経験を経て転職。現在、京都市南青少年活動センターに勤務し、若者の成長の支援や課題を持った若者のサポートを様々な事業を通して行っている。

    取材日
    2009年3月12日

    update: 09-06-11

目指すは地域で若者の成長を見ていく社会

今後どのような社会になっていってほしいとお考えですか。お仕事を通じて目指していきたいことでも構わないので、お願いします。

青少年を取り巻く地域環境には、学校や児童館など、青少年活動センター以外にも様々な資源があります。それぞれのつながりがまだまだ弱いと思うので、切り口は違っても若者の成長の場をつくるという点でつながりを強めたいです。

 

また、今の仕事の職名をユースワーカーというのですが、ユースサービス[※注2]という取り組みやユースワーカーの仕事をもっと社会で広く知ってもらいたいですね。そのためにも、若者に関わる社会の問題や課題を抱える若者に対する支援として、どういった仕事をしているのかということを明確にするような仕事の仕方をしていくつもりです。

 

青少年を取り巻く資源のつながりが強まり、地域でのユースサービスやユースワーカーの理解が深まることで、青少年活動センターの活動にも協力が得られると思います。

 

このように、地域で青少年の成長を見守っていくことができるような社会になっていってほしいですね。そして、いずれは青少年活動センターがなくてもいいくらいに成長の場が地域のいろんなところにあればいいなと思います。

 

若者へのメッセージ

最後にNPO・NGOで働きたいと考えている若者へのメッセージをお願いします。

インタビューの様子

まず、自分がやりたい何かをやってみてください。それは、ボランティアでも、サークル活動でも、インターンでもいいと思います。いきなり仕事と思うのではなく、ひとまず何かやってみて、本当にこの道でやりたいと思ったらアプローチしていけばいいのではないでしょうか。何か始めるとそこから人とのつながりも出来ていくと思いますし、そのつながりをつくるという意味でも、何かをやってみる。その時、色んなことに手を出してみるのではなく、1つ2つにしぼって、ある程度の期間きっちりとやってみることをおすすめします。その経験によって、自分を振り返ると、さらに違う何かが見えてくると思いますよ。

 

2009年3月12日[木] 15:00〜17:00 ユースビジョン事務所にて
記者:樺島

 

記者コメント

思いを行動に移した後の竹久さんの行動力は目を見張るものがありました。一度行動に移してみると、自分の興味・関心に向って突き進んでいくことができるのでしょうね。また、思いはあるけど、竹久さんのように行動に移せない人は、周りのつながりに注目してみてはどうでしょうか。意外な人と、接点があったり、通ずるものがあったりして、思いを行動に移すきっかけになるかもしれませんよ。

 

[※注1] COP3

気候変動枠組条約第3回締約国会議。先進国及び市場経済移行国の温室効果ガス排出の削減目的を定めた京都議定書が採択された。

[※注2] ユースサービス

子どもから責任ある大人へと成長する青少年を「支援」していくということです。
「支援」とは、青少年が家庭、学校、地域社会、職場及び青少年の自主的な活動の場面といった、あらゆる活動場面への参加を通じて、社会と交わり、青少年自身の興味や感心を豊かにし、青少年が必要とした場合、助言、情報、または多様な人的・物的資源を得られるような「機会」を提供しようとするものです。
自発的な集団への参加を通して、充実感を体験し、自己の可能性にチャレンジすること、それは青少年の自主的で創造的な活動を刺激するような方法で青少年の心身を発達させ、その人格的成長を図ることを意味しています。(ユースサービス協会のHPより)

« ちょっとした勇気でこれまでと違う広...貧困問題の現場に飛び込み、多くの学... »