ホーム → コラム&インタビュー → キャリアストーリー → 転職してNPOへ → 学生時代の気づきや企業での経験を活かし、若者の成長をサポート

学生時代の気づきや企業での経験を活かし、若者の成長をサポート

  • 竹久輝顕さん

    竹久輝顕さん(NPOスタッフ7年目:取材当時)

    財団法人京都市ユースサービス協会
    京都市南青少年活動センター

    たけひさ・てるあき/高校時代、阪神・淡路大震災をきっかけに、社会に関わる何かがしたいという思いを抱く。大学に入り、ボランティアやインターンの経験を通じて、人の成長に関わる仕事をしようと決意。教育系の企業での1年間の経験を経て転職。現在、京都市南青少年活動センターに勤務し、若者の成長の支援や課題を持った若者のサポートを様々な事業を通して行っている。

    取材日
    2009年3月12日

    update: 09-06-11

仕事では状況を見るチカラが欠かせない

まず最初に、今働かれている青少年活動センターとはどのような所なのですか。

青少年活動センターは京都市内に7か所あり、13歳から30歳までの人を対象とした施設です。青少年が大人に成長する過程において、自己成長の支援や課題解決のためのサポートなどを様々な事業・プログラムを通して行っています。

 

各センターによって利用する年代層や活動テーマは異なります。僕が勤務している京都市南青少年活動センターでは、中高生年代の利用者が多いという特徴があり、「居場所」をテーマに活動しています。10代の若者が他者と出会い、人の価値観に触れたりする機会を提供したり、何かにチャレンジしたいと思った時にチャレンジする場となったり。20代の人向けのプログラムを実施したりもしています。さらに、青少年以外にも地域の人など、多様な人たちがセンターにやって来ます。例えば、平日夕方には学校帰りの中高生、平日夜や休日は活動に使う大学生や社会人、平日の日中は地域の年輩の方々が多く利用しています。そのことを活かして、ロビーでは、利用者と職員やボランティアとの関わりだけでなく、時には利用者同士の関わりが起こるような空間づくりをしています。

 

特徴的な事業としては、ロビーにある喫茶コーナーで主に大学生のボランティアが軽食を提供する中で、中高生年代の若者が少し上の世代の人と関わるきっかけや、そこにいる人とつながるきっかけが生まれるようなプログラムを実施しています。ほかにも卓球大会やダンス企画、ケーキ作りなどのプログラム、人との関わりが苦手な人を対象にしたグループ活動のプログラムなどがあります。

 

そこでは具体的にどのようなお仕事をされているのですか。

ロビーの様子

センターの運営や事業の企画から実施までを行っています。企画や運営に関わる事務作業も多いです。また、ロビー等で利用者と関わることも仕事です。状況に応じて利用者と関わるようにしています。自分が出て行った方がいい場合、他の職員に頼んだ方がいい場合、インターンやボランティアをフォローしたり、逆に任せておいた方がいい場合など、状況を見て対応するようにしています。センターを初めて訪れた人が、チラシを持ちながらこちらをチラチラ見ていたら、こちらから「何かお探しですか」と声をかけたりすることも。他には、ちょっとやんちゃな中高生が来たりもしていたので、何かが起きそうなときは事務所からロビーに出て行ったりします。

 

そのため、事務作業をしながらも、ロビーの様子を常に気にかけており、その状況を見る力が必要となってきます。また、利用者と関わるといっても、直接関わることもあれば、ボランティアやインターン・実習生を通して関わることもあります。いろんなパターンの関わり方がありますね。

 

« ちょっとした勇気でこれまでと違う広...貧困問題の現場に飛び込み、多くの学... »