ホーム → コラム&インタビュー → キャリアストーリー → 卒業後NPOスタッフへ → 情熱をもって挑戦し続けることで、目指していることに近づく

情熱をもって挑戦し続けることで、目指していることに近づく

  • 栗田佳典さん

    栗田佳典さん

    特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス

    くりた・よしのり/生まれつきの心臓病で、13歳の時に手術。この経験から、「いのち」の大切さと 「支えられることのありがたみ」を知る。大学在学中に世界の貧困問題、特に子ども兵の問題に強い関心を持ち、3回生時に、テラ・ルネッサンスへインターンシップ生として参加。主にウガンダでの元子ども兵社会復帰支援事業の国内担当として、ウガンダ出張を重ねながら、支援者への報告書作成、映像編集を担当。 1年半のインターンシップを経て、2009年4月より現職。

    取材日
    2012年11月29日

    update: 13-03-29

自ら学ぶことは多いけれど、それに全力で取り組める環境があることが一番のやりがい

テラ・ルネッサンスに就職されて4年目とのことですが、今のお仕事のやりがいを教えてください。

ウガンダでの活動中の様子

やりがいを感じることはいっぱいありますが、一番は、いろんな仕事の機会を与えてもらって、それに全力で取り組める環境があることですね。例えば、広報の業務では、僕はもともとホームページをつくるスキルをもっていなかったのですが、助成金をもらって専門学校へ通いました。ホームページをつくる大変さを痛感しましたが、学んでいく中で、期日の決め方や状況を読みながらつくることができるようになり、今では広報チームのインターン生に指示を出せるようになりました。何事も経験しないとわからないことはありますが、スタッフ個人の成長に、お金も時間もかかるかもしれないのに、そこに投資してくれている組織に応えたいなと強く思っています。

 

またもう一つは、講演ですね。教育機関に講演に行くことが多いので、子どもたちのリアクションを見ると「やっててよかったなぁ」と思います。講演の後でいただく感想文は、僕の大事な宝物です。話をした後に、実際に行動に移してくれる子どもたちもたくさんいて、そんな子どもたちを見たときや報告をもらったときはやっぱり嬉しいですね。将来も、ずっと子ども兵のことを思い続けてくれること、またもしかしたらその中から一緒に僕たちの仲間になってくれる子がいるかもしれない、と感じることが何よりも僕にとって嬉しいことです。

 

では逆に、大変だなと感じていることや、課題と感じていることはありますか?

大変なことは、自分の学びが追いつかないことですね。今の担当業務でいうと、経理の知識、法律の知識、語学やマナーなどです。自分で勉強して自分でやっていかないと、と思いながら実際には日々の仕事に追われなかなかできないんですよね。それが一番の僕の課題です。

 

あとは「人間力」ですね。4年もすると、色んな立場の人と一緒に仕事をします。だから、人を活かすために自分に何ができるかを考える「人間力」がもっと必要だ、と日々感じています。例えばインターン生にどう指示を出すか、どうまとめたらいいのかなどが問われる「上司力」や、上司の手を止めないようにどうしたらうまい質問ができるかなどを考える「部下力」など、でしょうか。こういったものをどんどん身につけていきたいです。

 

自分自身をふり返って自分の強みに気... »