ホーム → コラム&インタビュー → キャリアストーリー → 卒業後NPOスタッフへ → 情熱をもって挑戦し続けることで、目指していることに近づく

情熱をもって挑戦し続けることで、目指していることに近づく

  • 栗田佳典さん

    栗田佳典さん

    特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス

    くりた・よしのり/生まれつきの心臓病で、13歳の時に手術。この経験から、「いのち」の大切さと 「支えられることのありがたみ」を知る。大学在学中に世界の貧困問題、特に子ども兵の問題に強い関心を持ち、3回生時に、テラ・ルネッサンスへインターンシップ生として参加。主にウガンダでの元子ども兵社会復帰支援事業の国内担当として、ウガンダ出張を重ねながら、支援者への報告書作成、映像編集を担当。 1年半のインターンシップを経て、2009年4月より現職。

    取材日
    2012年11月29日

    update: 13-03-29

大学3回生になると就職活動を意識し始める時期だと思うのですが、その頃からNPOやNGOで働きたいと思っていたのですか?

インターンをはじめた頃は、まったく思っていなかったですね。13歳のときの手術の体験もあったので、命の大切さを「伝える」という仕事を希望していました。なので、就職活動をはじめたころは、僕は、ジャーナリスト志望で、テレビ局のディレクターを第一志望にしていました。インターンと並行して就職活動にも力を入れ、いいところまではいったものもあったんですが、結局ダメで…。

その頃、当時代表の鬼丸に冗談半分で「うちに来ない?」と言われたこともあり、「NPOやNGOなどの世界で働くという選択もアリなのかな」という思いがそこから沸いてきました。まだその時点ではNGOに就職することを決意したわけではありませんでしたが、NGOが選択肢の一つに入ったのは間違いなくこの頃ですね。それが大学4回生のはじめころでした。

 

では、最終的に「テラ・ルネッサンス」に就職を決めた理由はなんですか?

ある日テレビで発展途上国の映像を見た時、気づいたことがあったんです。僕がインターンで現地に行った時、元子ども兵の子たちというのは、絶望の中でも希望を持って生きている明るい子たちがほとんどでした。ですが、そのテレビで放送されていた内容は、悲しく暗い現実ばかりにスポットを当てられ、僕が知っている現実と何か違ったんです。「じゃあ、僕はどちらの姿を伝えたいのか?」と自問自答した時、悲しい現実だけでなく、絶望の中でも希望をもってがんばっている人を紹介したい、その人たちを伝えたい、支えていきたいと思ったんです。そしてそれができるのは、ジャーナリストという道だけではなく、このテラ・ルネッサンスではないか!と気づいたんです。

 

その時期にちょうどテラ・ルネッサンスの求人募集があったということですか?

一般向けに求人を出していたわけではありませんでしたが、先ほど話した通りの思いをありのまま鬼丸に話したんです。するとテラ・ルネッサンスも新しい事業を展開し始めようとしていた時期でもあったので、全く知らない人を採用するというよりは、ある程度経験している人を求めていたことと、何より活動への共感が強いことから採用をいただくことができました。タイミングがよかったんですね。

正直言えば、就職を決断した後も、給料面の不安であったり、今後どういう人生を歩もうか、自分の中でもやもやしていました。でもそのもやもやは、ある人との出会いによって一気になくなりましたね。

 

どんな出会いだったのですか?

大学4回生の夏に出会った、元子ども兵のお母さんと赤ちゃん

大学4回生の夏に、ウガンダへ行く機会がありました。ウガンダでは、元子ども兵の家庭訪問を行っていたのですが、そこで赤ちゃんを抱いたお母さん(元子ども兵)と出会ったんです。そのお母さんが「昨日この家で生まれた赤ちゃんよ!、この子の名前をつけてください」と言われて僕は驚きました。「この人は見ず知らずの僕に名前をつけてほしいとお願いするのか!」と。そこで気づいたんです。僕たちの活動は元子ども兵が社会復帰するための支援が直接的な活動なのですが、実は間接的に新しい命をつなぐ活動でもあるんだと。「この子が安心して走り回れる社会をつくりたい」と思った瞬間でした。「命をつなぐ」ということが僕の中でのテーマでもあるので、まさにこの時の体験は、テラ・ルネッサンスの活動が新しい命につながっているのだと実感できた出来事でした。その出来事が、僕が抱いていた就職するかどうかのもやもやを一瞬で吹き飛ばしてくれましたね。たとえお金で苦労しても、結婚できなくても、団体がつぶれるまでは働き続けようと強く決心した瞬間でした。

 

自分自身をふり返って自分の強みに気... »