ホーム → コラム&インタビュー → キャリアストーリー → 卒業後NPOスタッフへ → 情熱をもって挑戦し続けることで、目指していることに近づく

情熱をもって挑戦し続けることで、目指していることに近づく

  • 栗田佳典さん

    栗田佳典さん

    特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス

    くりた・よしのり/生まれつきの心臓病で、13歳の時に手術。この経験から、「いのち」の大切さと 「支えられることのありがたみ」を知る。大学在学中に世界の貧困問題、特に子ども兵の問題に強い関心を持ち、3回生時に、テラ・ルネッサンスへインターンシップ生として参加。主にウガンダでの元子ども兵社会復帰支援事業の国内担当として、ウガンダ出張を重ねながら、支援者への報告書作成、映像編集を担当。 1年半のインターンシップを経て、2009年4月より現職。

    取材日
    2012年11月29日

    update: 13-03-29

5つの地域と支援者を、京都からつないで支える仕事

はじめに、栗田さんのお仕事内容を具体的に教えてください。

私が所属するテラ・ルネッサンスは「すべての生命が安心して生活できる社会(世界平和)の実現」をめざし、地雷・子ども兵(*1)、小型武器・平和教育に取り組むNGOです。団体名の「テラ」はラテン語で「地球」を意味し、「ルネッサンス」は英語で「再生、復興」という意味があります。テラ・ルネッサンスという団体名には、「よみがえる・蘇生する」という意味が込められています。現在は、カンボジア、ラオス、ウガンダ、コンゴ民主共和国、日本の5つの国で活動しています。僕が働いている場所である京都事務所は、海外の現場と日本の支援者をつなぐ役割を担っています。その中で、僕は主に「広報」「経理」「講演活動」の3つを担当しています。

 

「広報」では、ホームページやブログ、SNSなどの更新作業が多いです。それから、当団体理事で、団体創設者の鬼丸昌也の講演スケジュールの更新も担当しています。というのは、当団体の思いとして、ただ寄付を集めるだけではなく、世界平和や国際協力などに関心を持った人たちと一緒に社会を変えていきたいと考えており、そのために、国内の活動の中で講演会を一番推しているからです。講演では、紛争に関する事実を伝え、私たちが争いのない社会をつくるために、何ができるのか考える場として、多くの人に講演を聴いてもらうことを大事にしています。鬼丸の講演だけで年間約100回、他スタッフの講演あわせて年間約120回講演を聴いていただいていますが、もっともっと多くの人に講演を届けていきたいですね。特に鬼丸はテラ・ルネッサンスの創設者であり、たった一人から立ち上げたNGOが12年でなぜ、1億円規模の団体となったのか、どのように人を巻き込み、動かしていったのか、国際協力を通して、まちづくり、ひとづくりにも共通する講話は、教育機関だけでなく、企業や行政の職員研修でもお話させていただいています。あらゆる世代に夢を与え、共感いただいているからこそ、鬼丸の講演は特に一人でも多くの方に聞いてほしいと思っています。

ホームページ・ブログ・SNSなどの更新作業では、イベント等の告知だけでなく、支援者のみなさんからお預かりしているお金(寄付)の使い方などリアルタイムな発信を大事にしています。「今こうして使ってますよ」「こんな変化がありましたよ」という報告も広報の一つだと感じています。このような形で海外の現場と日本をつなぐことで、次の新しい支援に結びつくと考えています。また、これらの作業を丁寧に一つずつ積み重ねることによって、資金調達にもなっています。

 

もう1つの担当である「経理」では、毎日のお金の出し入れの管理をしています。2012年の8月から担当になったばかりで、まだ全部を把握できていないこともあり、時間がとてもかかっていますが…。それに、国際協力系のNGOはみんな同じだと思いますが、海外の通貨も取り扱っているので、レートがとてもややこしいです。これがなかなか苦労します。(笑)

 

3つ目の「講演活動」では、主に教育機関で平和教育の啓発として講演をしています。京都の小中学校で講演を行うことが多いですが、大学の授業(NGO論等)のゲストでお招きいただくこともあります。講演を聴いた子どもからは、「遠い国の問題だけど、自分にできることがあるんだと知りました。まずは、クラスのみんなで書き損じハガキを集めてみようと思います」という感想があったり「将来はNGOで働きたい」と講演の後に駆け寄って言いに来てくれたりします。理解するだけでなく、実際の国際協力の行動につながる感想が聞けると嬉しいですね。僕が講演会でお話することによって、国際問題に対する意識が一人ひとり変わるきっかけになっていると信じて、活動しています。

自分自身をふり返って自分の強みに気... »