ホーム → コラム&インタビュー → キャリアストーリー → 卒業後NPOスタッフへ → 自分自身をふり返って自分の強みに気づいていくことで前に進める

自分自身をふり返って自分の強みに気づいていくことで前に進める

  • 鈴木陵さん

    鈴木陵さん

    シチズンシップ共育企画
    事務局次長・ファシリテーター

    1987年生まれ。関西学院大学総合政策学部卒。 高校時代に読んだ本がきっかけで国際協力分野に興味を持ち、 大学入学と同時に国際交流・国際協力支援団体CLUB GEORDIEに所属、 小学校での開発教育のプログラム立案や運営を中心に関わる。 そうした開発教育などの参加型の学びの場との出会いをきっかけに、 ワークショップなどの場づくりに関心を寄せ、 シチズンシップ共育企画事業コーディネーターを経て、現職。

    取材日
    2012年6月7日

    update: 13-01-11

自分をしっかり知ること、それが次の展開へも繋がる

そんな鈴木さんの今後の目標を教えてください。

うーん。はっきりした目標は、今は思いつかないというのが本音です。全体ではなく個別事業の話で言うと、僕自身「ユースACTプログラム」に関わって3年ですが、事業の成果を自分の言葉で語り、明確に示せるようになりたいです。規模を大きくすれば良いのか、質を高めるのが良いのか、どっちが良いのか模索中ですが、事業の方向性を見定め、めざすところに到達できるような計画を描きたいです。

個人レベルの話で言うと、自分自身をふりかえられるようになりたい。実は、学生時代に自分の強みだと思っていた部分が、実際働いてみるとそうでもないかな?ということも多いので(笑)。仕事をする中で、自分のこだわりだったり、本当の強みを見出していけたら良いのかなと思います。

 

それでは最後にNPOやNGOで働きたいと考える若者に向けてメッセージをお願いします。

自分自身の興味や関心が「この分野だな!」とばっちりヒットしているのであれば、大学を出てすぐにNPOに就職するのも悪くないと思います。よく言われることですが、やっぱりその現場に行って自分で体験してみない限りわからないですからね。とはいえ、インターンやボランティアを経験すれば、全部が見えるかと言うとそうではないし、働いてみるとまた違った部分があるのは当然です。僕もそうでした。でも、どんな形であっても、現場を見る必要はあると思います。また、いくつかの団体を見てみるというのも良いと思います。分野は同じでも団体によって風土や手法は全く違います。時間があれば、自分が関心をもった分野や組織で、インターンでもボランティアでもどんなかたちでもいいので関わってみるのが良いと思います。

« 情熱をもって挑戦し続けることで、目...新たな発想との出会い—やりたいことを... »