ホーム → コラム&インタビュー → キャリアストーリー → 卒業後NPOスタッフへ → 自分自身をふり返って自分の強みに気づいていくことで前に進める

自分自身をふり返って自分の強みに気づいていくことで前に進める

  • 鈴木陵さん

    鈴木陵さん

    シチズンシップ共育企画
    事務局次長・ファシリテーター

    1987年生まれ。関西学院大学総合政策学部卒。 高校時代に読んだ本がきっかけで国際協力分野に興味を持ち、 大学入学と同時に国際交流・国際協力支援団体CLUB GEORDIEに所属、 小学校での開発教育のプログラム立案や運営を中心に関わる。 そうした開発教育などの参加型の学びの場との出会いをきっかけに、 ワークショップなどの場づくりに関心を寄せ、 シチズンシップ共育企画事業コーディネーターを経て、現職。

    取材日
    2012年6月7日

    update: 13-01-11

 

NPOは今まさに築きあげている世界、そこにはやりがいもあるけど大変なことも多い

鈴木さんはシチズンシップ共育企画に入職されて3年目ですが、今のお仕事のやりがいを教えてください。

ユースACTプログラム報告会

今、多くの時間を費やしている「ユースACTプログラム」の中で、高校生や大学生と関わる機会が多いのですが、このプログラムに関わる大学生や高校生たちの姿が変化していくこと、その変化の場に立ち会えることにやりがいを感じます。例えば、最初は会議で全く発言をしなかった高校生の女の子が、数ヶ月後には「会議で発言するのも悪くないかな」と言ったときは、本当に嬉しかったです。もちろん、大学生スタッフに変化が見えた時も同じですね。大学生スタッフとは個別に話すこともよくあるのですが、何気ない会話やメンバーの関わりの中で、本人やチームの困りごとの解決の糸口が見つけられたときは特にやりがいを感じます。

その他は、外部の方と繋がって、色々とさまざまな企画や仕掛けを一緒にできることは面白いですね。例えば「教育現場でこんなことに困ってるから解決したいのだけれども、シチズンシップ共育企画と一緒に何かできないかな」という声をいただいたりしたときに、新しいこと出来そうだな、とワクワクします。事務所にこもって仕事をすることもあるのですが、そういった外部の方と関わる機会を重ねる中で、新しいことを企画して生み出したり、いつもと違う人と一緒に何かをする楽しさを刺激されているように思います。

あと、昨年は高校の先生とたくさん知り合った年でもあったんですけど、今まで全く面識のなかった方と、何度かミーティングを重ねていくうちに、先生の方から「うちの生徒で今度外に出て何かやりたいっていう子がいるんだけど、何かできませんかね」と言っていただいたりとかして、今までなかった関係性がどんどん積み上がっていく感じがおもしろいなぁと思います。

 

では、今大変だなと感じている事や、課題と感じていることはありますか?

「パッと相談できる人が居ないこと」ですかね(笑)。川中が外勤の日は、基本的に事務所に僕一人ですから、一日中誰とも話さないという日もあります。

あとは、「自分がやりがいと感じていること」と、「今いる場所で求められている成果」とがマッチしないことがあること。今の自分のポジションは、もっと先を見据えて事業の次の展開や動きを考えないといけないんだと思いますが、それがなかなか大変で、、、。

 

それと、NPOは自分たちで今築きあげている世界だと思うんです。NPOはあまりまだ認知されていないニーズを掘り出して、「これ必要ですよね」っていうことを発信して広め、さらにそれの成果を出しながら自分たちでお金も生み出すところが重要なポイントだと感じています。新たなニーズを掘り起こしていかなければならないだけに、しっかり考え抜かないと成果がついてきません。そこにやりがいも感じつつ、「そこまでできるのかな…」と、そんな弱気な気持ちになることもあります。(笑)

« 情熱をもって挑戦し続けることで、目...新たな発想との出会い—やりたいことを... »