ホーム → コラム&インタビュー → キャリアストーリー → 卒業後NPOスタッフへ → 自分自身をふり返って自分の強みに気づいていくことで前に進める

自分自身をふり返って自分の強みに気づいていくことで前に進める

  • 鈴木陵さん

    鈴木陵さん

    シチズンシップ共育企画
    事務局次長・ファシリテーター

    1987年生まれ。関西学院大学総合政策学部卒。 高校時代に読んだ本がきっかけで国際協力分野に興味を持ち、 大学入学と同時に国際交流・国際協力支援団体CLUB GEORDIEに所属、 小学校での開発教育のプログラム立案や運営を中心に関わる。 そうした開発教育などの参加型の学びの場との出会いをきっかけに、 ワークショップなどの場づくりに関心を寄せ、 シチズンシップ共育企画事業コーディネーターを経て、現職。

    取材日
    2012年6月7日

    update: 13-01-11

なるほど。シチズンシップ共育企画の活動や教育分野に興味を持ち始めたのち、何か具体的に行動されたのですか?

はい。3回生の1月からシチズンシップ共育企画でインターンをはじめました。自分が代表をしていた団体がちょうど3回生の12月で引退だったこともあり、漠然と何か関われれば良いなぁと思っていました。そんな時、先輩がシチズンシップ共育企画でインターンをしていたのを思い出して、「自分もしたい!」と思い、直接、お願いしに行きました。中身は「インターン」といっても、川中の「付き人」みたいな感じで、川中が講師をする研修などに付いて行って、記録を取ったり、板書をしたりとかだったんですけどね。近くでワークショップの現場や川中の講師の姿を見ることは勉強になると思ったので、思い切って、はじめました。

 

その時期、大学3回生後半~4回生前半といえば就職活動(就活)のピーク時期だと思うのですが、就活はされていなかったのですか?

受けましたが、数社ぐらいでしたね。就職活動に力を入れている人から見れば全くしてなかったのと同じぐらいの力の入れ具合だったと思います。やってみようとはしたんですけどね。でも、インターンの活動に気持ちが強く向いていて、就活に力が入らなかったのだと思います。

3回生の後半は団体も引退し、「ワークショップ」をもっと勉強したいなぁと思っていた頃で、自分がやりたいこととインターンの活動がものすごくマッチしていたんです。インターンでは実際にプログラムの進行をするという経験も与えていただき、まだまだ未熟な僕でも色々挑戦するチャンスをもらっていました。今思えばその挑戦が面白くて、没頭していました。そのせいで就活のやる気スイッチが入らなかったんでしょうね。

3回生の2月ごろは周りが徐々に内定を取り始める頃で、就活していないという不安は少しですがありました。休学しようかとも考えていました。結局休学はしませんでしたが、2月頃からインターンを始めそれが楽しかったので、もしかしたらこの活動を続けていれば、何か今後に繋がるかもしれない、これは自分なりの就活なのだ、と言い聞かせていた部分はありました。(笑)

 

では、シチズンシップ共育企画への就職はどのようにして決まったのですか?

インターンを続けながら、夏ぐらいには秋採用の時期に合わせてまた就活を再開しようとぼんやり考えていたのですが、4回生の夏休み前ぐらいに団体の方に動きがあったんです。それは、「ユースACTプログラム」が次の展開を考える時なので職員を一人増やすという話でした。それで間もなく、組織内部のメーリングリストで職員募集がかかりました。広く公募されたわけではなかったのですが、僕は「これだ!」と応募しました。その頃の僕は「ワークショップ」や「ファシリテーション」というキーワードにばっちりヒットしていたので、ファシリテーションが出来るようになったり、そういうもので場を作ったりすることが仕事としてできるとしたら、そんなに面白いことはないじゃないかと思っていました。そして、書類を提出し、面接を受け9月頃には来年の4月から働くということが決まりました。

 

ものすごくタイミングが良かったんですね。

そのとおりです。もちろん毎年募集がある訳ではないですし、その事業を拡げようとする時期が一年でも早かったり遅かったりしたら合わなかったですし、その時、僕が4回生だったから今があるだけで…本当にタイミングが良かったと思います。

 

« 情熱をもって挑戦し続けることで、目...新たな発想との出会い—やりたいことを... »