ホーム → コラム&インタビュー → キャリアストーリー → 卒業後NPOスタッフへ → 自分自身をふり返って自分の強みに気づいていくことで前に進める

自分自身をふり返って自分の強みに気づいていくことで前に進める

  • 鈴木陵さん

    鈴木陵さん

    シチズンシップ共育企画
    事務局次長・ファシリテーター

    1987年生まれ。関西学院大学総合政策学部卒。 高校時代に読んだ本がきっかけで国際協力分野に興味を持ち、 大学入学と同時に国際交流・国際協力支援団体CLUB GEORDIEに所属、 小学校での開発教育のプログラム立案や運営を中心に関わる。 そうした開発教育などの参加型の学びの場との出会いをきっかけに、 ワークショップなどの場づくりに関心を寄せ、 シチズンシップ共育企画事業コーディネーターを経て、現職。

    取材日
    2012年6月7日

    update: 13-01-11

 

団体の活動やワークショップに魅了され、興味分野がシフト、国際から教育へ

シチズンシップ共育企画は教育系の団体ですが、元々教育に興味があったのですか?

学生時代に国際系の団体で活動していた様子

いや、元々教育に興味の中心があったという訳ではありません。学生時代は国際問題に関心があり、国際協力・国際交流系の学生団体に所属していました。その団体では開発教育のプログラムを小学校で実践したり、世界で起こっている問題に対して、自分たち学生がどう関われるのかを考えたり、大学内で国際問題の写真展を開いたりしていました。

 

では、いつから教育に興味を持ち始めたのですか?

僕が大学1回生の時、先輩に連れられて参加した広報の研修があったのですが、そこに講師として来ていたのが今の団体の代表の川中だったんです。徹夜明けの重い頭を引きずって参加したんですよね、確か(笑)。それが川中との最初の出会いです。その時は、ただ単に、「広報の勉強になったな~まぁおもしろかったな~」というだけ。ファシリテーションやワークショップに何かピンときたわけではありませんでした。

二回目の出会いは、3回生になってからでした。その団体で代表をやることになって、その時、再び川中の研修を受ける機会があったんです。その研修では、学生団体の代表たちが集まり、それぞれの団体の課題を丁寧に話し合ってました。「新人をどう育てるか」とか「引き継ぎをどうするか」などです。その時の研修の空き時間にたまたま川中とゆっくり話す機会があって、シチズンシップ共育企画の事業内容を聞いて、その話に思わず食いついてしまったんです。その話というのが、2007年から兵庫県内で高校生がNPOでインターンシップをするプログラムを始めているという話でした。「おお!やりたい!やってほしい!そんな企画あったら参加したかった」と、自分自身が高校生だった時のもやもやを思い出したんです。当時、「国際協力をしたい」と思っていたんですが、まわりに仲間がいなかったことやクラスでそういうことを話すチャンスもなかったので、どうしたら良いんだろうと悶々としていたことを思い出しました。だから高校生がNPOでインターンをするということは、高校時代から同じ興味を持った仲間に出会えたりとか、活動に触れられるんだなと、その話にワクワクしたことを覚えています。その頃からシチズンシップ共育企画が行っている他の活動にも興味を持つようになりました。

加えて、「ワークショップっておもしろいな」と感じ始めた時期もほぼそれと同時期でした。きっかけは、シチズンシップ共育企画の研修を受けた時に感じたことなんですけど、たかだか2日間ぐらいの研修なのに、一緒に参加したメンバーが研修の終わった時に「よしまた活動頑張ろう!」って力が沸いている様子を目の当たりにしたり、自分自身もモチベーションが上がることを実感して、こういう経験をする機会を作ったり、課題がはっきり見えて次の目標が明確になるってことはおもしろいなぁと思いました。場の作り方次第で変わるんだなということを知って、そのあたりから教育分野に興味がわき始めました。

それにプラスして川中への憧れみたいなものもあったんだと思います。ワークショップの仕方一つで、こんなにも活動の見方が変わるんだなぁと思ったりして、それを作り出している川中は、単純に尊敬できる存在で憧れでした。いつもそばにいる先生ではないのに、たった1回の研修で多くの人に影響を与えられるってカッコいいなぁと思いました。

 

« 情熱をもって挑戦し続けることで、目...新たな発想との出会い—やりたいことを... »